仕事もう無理!限界突破して後悔しないための対処法を解説【選択肢は無限】

仕事もう無理!限界突破して後悔しないための対処法を解説【選択肢は無限】

毎日のように「仕事もう無理!限界!」と思いながら、なんとか踏ん張って仕事に向かっている人も多いのではないでしょうか。

大丈夫だと思っていても気づかないうちに、ストレスが限界突破して取り返しのつかないレベルまでいってしまうこともありますので、無理は本当に禁物です。

ストレスが冷静な判断を狂わせています。

当サイト管理人である僕も、過去には仕事もう無理と悩みながら我慢を続けて後悔した経験があります。

そこでこの記事では、仕事もう無理!と悩んでいるあなたへ、ストレスが限界突破してしまって後悔しないように対処法から原因までお伝えします。

記事を読んで、もう無理と思っている仕事から開放されましょ。

もう無理な仕事からすぐ開放されたいなら
『 退職代行SARABA 』
  • 安心の労働組合運営
  • 返信の早さに定評あり
  • LINEのみで辞められます

内容は充実しているのに25,000円という業界でも最安値に近い金額で運営しています。ぶっちゃけ使わない手はないんですよね。

安心です!

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

目次

仕事がもう無理だと感じる3つの原因

仕事がもう無理だと感じる3つの原因
  1. 労働環境がもう無理
  2. 人間関係がもう無理
  3. 仕事の内容がもう無理

上記の3つが「仕事もう無理」と感じる原因3つです。それぞれ解説していきます。

労働環境がもう無理

1つ目の原因は「労働環境がもう無理」です。
あまりにも給与待遇や労働時間などがひどい状況だと、「仕事もう無理」と限界を感じて心や身体が崩壊してしまうケースが多いです。

たとえば、仕事量に対して給料が比例していなかったり、朝から終電近くまで働かなければならない状況が続いていたりするような労働環境です。

働いている側は変な慣れを感じて、当たり前のようになっている場合もあります。

とはいえ、働けば働くほど疲れが蓄積されていきますし、精神的にもダメージを追ってしまうのでとても危険な環境ですよ。

人間関係がもう無理

2つ目の原因は「人間関係がもう無理」です。退職理由でも半数を超えてくるぐらい多いのが、この人間関係の悩み。

どんなに好きな仕事でも話の通じないクソ上司が一人いるだけで、すべてが嫌に感じてしまって「仕事もう無理」となってしまうことも多いです。

パワハラやモラハラがあればもってのほかですね。

とはいえ、仕事は選べても上司や同僚は選ぶことができないのが難しい問題。ある意味、ガチャみたいなものですね。

自分は変えられても他人を変えることは不可能ですから、残念ですが我慢をしていても時間が解決してくれるなんてことはありません。

仕事の内容がもう無理

3つ目の原因は「仕事の内容がもう無理」です。誰しもが心の底からやりたい仕事に就いているわけではありませんよね。

希望していた部署に配属されなかったり、うまく仕事ができずに向いていないと思いながらやっていたりといった状況から「仕事もう無理」となるわけです。

働いてみると現実は違ったなんてこともありますね。

  • 生活のために無理をして働いている
  • 向いていないと思いながら働いている
  • 社会のため人のためになっていない仕事

上記のような状態ならば、限界が来るのも目に見えていますので早いうちに将来を考えていくのが一番です。

仕事がもう無理で限界なときにあらわれる5つの症状

仕事もう無理だと思いながら、我慢を続けていると下記のような異変が心や身体に現れます。ぶっちゃけ、危険な状態の入り口といっても過言ではないので、気をつけないといけません。

実際に管理人が体験した症状です。

  1. 過食・お酒が増える
  2. 吐き気が止まらない
  3. イライラしやすくなる
  4. 夜眠れない・目覚めてしまう
  5. 何をしても心から楽しめない

それぞれ解説していきます。

過食・お酒が増える

ストレスが溜まってきてなのか、つい食べすぎてしまったり、お酒を飲む量が増えてしまったりします。逆に食欲がなくなるといった症状の人もいるでしょう。

ストレスによってホルモンバランスが崩れてしまうのが原因のようです。

僕の場合、過食の方で10kg以上増えてしまった過去があります。

食べることでストレス発散ができていればいいですが、良くない食生活が続くと間違いなく身体に悪影響を及ぼしますので注意が必要です。

特にお酒は肝臓がやられてしまいますから、違うことでストレス発散するようにしていきましょ。

吐き気が止まらない

仕事がもう無理すぎて限界が近づいてくると多いのがこの「吐き気」。実際に吐いてしまうわけではないのに、頻繁にえずいてしまいます。

個人差はあるかもしれませんが、特に症状として出やすいのが「朝」で、仕事で嫌なことがある日はとくに吐き気が出やすくなってしまいますね。

出勤前に何度もえずきながら、準備をしていた記憶があります。

自律神経が原因のようですが、根本にある仕事に行きたくないといった感情を必至に押さえつけていることで、吐き気が起きているのかもしれませんね。

本当に危険な状態の一歩手前ぐらいかなと思います。

イライラしやすくなる

ストレスが原因でイライラしやすくなってしまいます。仕事がもう無理と思って我慢を続けているからか、心に余裕がなくなっていくんですよね。

子供に強く当たってしまったり、いつもはかんたんに流せていることが許せなくなったりして、つい感情的になってしまいます。

冷静になったときになんであんなことで…とめちゃくちゃ後悔しますね。

その場の感情で動かないようにしないと周りの人が離れていきますから、気づいたら誰もいないなんてことのないように少し深呼吸をして冷静に行動するのが大事ですよ。

夜眠れない・目覚めてしまう

仕事もう無理というストレスは睡眠にも影響を及ぼします。寝ようと思っても寝付けない、もしくは朝おかしな時間に目覚めてしまうケースですね。

本来は起きなければならない時間の2時間前とか訳のわからないタイミングで目覚めてしまいます。しかもその後眠れないといったダブルコンボ。

なにが辛いって、しっかりと寝られていない+睡眠が浅いせいで日中の仕事の時間にめちゃくちゃ眠くなってしまうことです。

眠くて仕事の効率が上がらないし、やる気がそもそも起きないので、悪循環もいいところでしたね。

寝ていないことで精神的におかしくなってありますから、当たり前ですけど睡眠は本当に大事ですよ。

何をしても心から楽しめない

ここまで来ると即病院レベルぐらい危ないかなと思います。今まで楽しかったことや没頭していた趣味がまったく楽しめなくなるときです。

頭の中が仕事のことでいっぱいになって、ストレスが溜まりすぎている状態ですね。

ぶっちゃけこの状態のときはうまく笑えていなかったです。

本来ならストレス発散になるはずの趣味が楽しめなくなったら、絶対に良い方向に行かないのは目に見えていますので、転職などでいち早く環境を変えてしまわないと取り返しのつかないことになりますよ。

仕事がもう無理だと感じたときの5つの対処法

仕事がもう無理だと感じたときの5つの対処法
  1. 運動してみる
  2. 誰かに相談する
  3. 長期で休みを取る
  4. 部署異動をお願いする
  5. 退職・転職で環境を変える

仕事もう無理だと感じたときにどうしたら良いのか。我慢を続けて限界突破してしまう前に、上記の5つからあなたに合いそうな対処法を実践してみましょ。

解説していきます。

運動してみる

「運動とか関係ないでしょ。」と思うかもしれませんが、実は運動をすることで精神的に強くなり、ストレスを感じにくい状態へと変わります。

その理由として「セロトニン」という、別名「幸せホルモン」と呼ばれるぐらいストレスに対して有効なホルモンが、運動することで分泌されているからです。

実際にかんたんな筋トレを導入してみると、仕事に対してはもちろん色々なことに前向きに。

今ならYoutubeで数え切れないぐらい運動系の動画がありますので、自宅でスマホ1つあれば始めやすいのもGOODですね。

単発的にハードな運動をしてもあまり効果は望めませんので、自分が続けやすい運動を継続して行うことが重要ですよ。

誰かに相談する

仕事もう無理、限界!と感じているときには、自分ひとりで抱え込んでしまっているケースも多いので、まずはとにかく誰かに相談してみましょ。

こんなことを思っていませんか?

  • 話しても何も変わらない
  • 相手に迷惑をかけてしまう
  • 自分ひとりでもなんとかなる

上記のような感情が邪魔をしているのなら、今すぐにでも捨てましょ。

ひとりで悩んでいるようなことは、誰かに話してみると気持ちが楽になったり、第三者から見れば意外とすんなり解決できるものだったりするからですね。

家族や友人、恋人はもちろん、同じ会社内でも信頼のおける人なら誰でも大丈夫ですよ。

長期で休みを取る

長期で休みを取って、心や身体を休めるのもひとつの手段。1日2日休んでも何も変わりませんから、「長期」というところが重要です。

仕事、仕事で張り詰めていた状態から開放されて、冷静にこれからを考えることができますし、なにか新しいことにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

仕事がもう無理で辞めようとしているのなら、この期間を利用して転職活動をしてみるのもありです。

本当にひどくなってしまったときには、ここからの休職も視野に。

長期で休みを取るハードルが高い会社もありますが、まずはなんとしてでも有給休暇を使って最低1週間以上は休んでみましょ。

部署異動をお願いする

会社を辞めたいわけではないけれど、、、

  • 直属の上司がクソ
  • 部署内の人間関係が最悪
  • やりたい部署に就いていない

上記のような理由から仕事もう無理と感じているのなら、部署異動をお願いしてみましょう。ダメ元でもいいので、やらないよりはやった方がいいです。

もちろん、他に行きたい部署があるのも条件のひとつ。

環境が変われば、今までしんどすぎて仕事もう無理と感じていたことが、嘘のように変わる可能性がありますよ。

退職・転職で環境を変える

もうひとつ環境を変える手段として誰しもが一度は考えるのが、今の会社を退職して、新しい職場へ転職すること。

どう頑張っても今の職場環境を変えるのは不可能で、辞めたいという気持ちが強いのであれば間違いなく有効な手段と言えるでしょう。

いつか変わるかもといった希望的観測では本当にいつになるかわかりませんから。

転職をすることは逃げでもなんでもないですし、逆に今の会社に縛られて無駄な時間を過ごす方がもったいなさすぎです。それで心や身体を壊していてはなんの意味もありませんから。

とはいえ、次の会社に行って同じ目に合わないようにするためにも、転職先は慎重に選びましょ。

仕事がもう無理で本当に限界なら退職代行

仕事がもう無理で本当に限界なら退職代行
  • 辞めたいと言うのが怖い
  • 会社が退職を認めてくれない
  • 明日から会社に行きたくない

すでにこんな状態になっていて、辞めたいけれど辞められない、すでに限界すぎるような状況ならば選択肢は一択。「退職代行サービス」を利用して会社を辞めることです。

退職代行とは簡単に言えば、あなたに変わって退職の意志を会社に伝えて辞めるまでを代行してくれるサービス。

一切会社に行かずに辞めることができるので、嫌な上司の顔を見なくて済みます。

とはいえ、退職代行の業者もたくさんありすぎて、どこを選んでいいかわからないといった問題もあるでしょう。

適当に選んでしまうと、思い描いた条件で会社を辞められなかったり、追加料金を請求されて費用が高くついたりしますからね。

当サイトでおすすめするのは「退職代行SARABA」です。

SARABAなら労働組合による退職代行なので会社への交渉もしてくれますし、費用も明確、追加料金を取られる心配もありません。高い退職成功率で安心して会社を辞められますよ。

当サイト1番のおすすめは
『 退職代行SARABA 』
  • 安心の労働組合運営
  • 返信の早さに定評あり
  • LINEのみで辞められます

内容は充実しているのに25,000円という業界でも最安値に近い金額で運営しています。ぶっちゃけ使わない手はないんですよね。

安心です!

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

仕事がもう無理すぎて限界なら悩む前に行動を

これまで仕事がもう無理すぎて限界なあなたへ、原因から対処法までお伝えしてきました。

ストレスは気づかないうちにどんどん蓄積されていきますし、気づいたときにはどうしていいかわからず、取り返しのつかないレベルになることも多いです。

そんな辛い環境で我慢を続けて人生終了する前に環境を変えていくのが1番。

今日があなたの人生にとって一番若い日ですから、1日にも無駄にしないよう行動していきましょ。今回は異常です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる