退職理由が精神的に限界ってあり?転職5回経験した体験談から解説

退職理由が精神的に限界ってあり?転職5回経験した体験談から解説

仕事が辛すぎて限界だけれども、退職理由をそのまま正直に「精神的に限界」と伝えていいか悩んでいたり、そもそもこのまま辞めていいか悩んでいたりという人も多いのではないでしょうか。

人の心は言葉では伝わりにくいものですから、あなたの辛さを理解してもらえるレベルまで上司や会社に伝えるのは簡単ではないですよね。

実はこの記事を書いている管理人も、これまでに転職を5回してきました。

そんな経験をもとに話すと、辞める理由は「精神的に限界」で全然OKですし、むしろ精神的に辛いのにそのまま我慢を続けていると取り返しのつかないことになりかねません。

この記事では精神的に限界なあなたへ、今すぐにでも辞めるべき理由と対処法から体験談までお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

当サイト1番のおすすめは
『 退職代行SARABA 』
  • 安心の労働組合運営
  • 返信の早さに定評あり
  • LINEのみで辞められます

内容は充実しているのに25,000円という業界でも最安値に近い金額で運営しています。ぶっちゃけ使わない手はないんですよね。

安心です!

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

目次

退職理由が精神的に限界なら今すぐ辞めるべき理由3つ

  1. 成長につながらない
  2. 時間は解決してくれない
  3. 精神的に壊れたら意味なし

精神的に限界なら今すぐにでも辞めるべき理由3つです。くわしくは下記で。

①成長につながらない

仕事で精神的に辛いときは「仕事=嫌なもの」といった捉え方しかできず、仕事に対する姿勢が消極的になります。

たとえば、会社や上司に対して積極的に意見など言えるわけもないですし、常に悪いことしか考えられなくなってしまいますからね。

そんな状態では新しいものを取り入れたり、成果を残したいといったりした考えになるわけもなく、ただただ時間だけが過ぎていって成長につながりません。

これから先の数年間を嫌々過ごすのか、環境を変えてでも有益な時間を過ごすのかを冷静に考えてみてください。

人生は有限です。特に若いときの時間ほど、有効に使うべきですよね。

②時間は解決してくれない

精神的に限界でも我慢していれば、問題が解決されて楽になるといった淡い考えは、今すぐにでも捨てた方がいいです。

残念ながら時間は解決してくれません。

精神的に追い詰められてしまった原因が、あなた以外のところにある場合が多いからです。

たとえば、パワハラ気質な上司だったり、仕事自体があなたに合わなかったりといった周りの環境に左右されているケース。

ぶっちゃけ自分のことはなんとか変えられるかもしれませんが、他人を変えるのはほぼ不可能ですよね。

我慢するぐらいなら、今すぐにでも行動していくべきですよ。

③精神的に壊れたら意味なし

精神的にきつい状態を続けていくと、そのうち本当に限界がやってきます。

心が崩壊してしまいうつになってまったり、体調にも影響が出てきたりしてしまって取り返しのつかない状態になってしまっては何の意味もありませんよね。

実際に僕も精神的に追い詰められて「軽いうつ」と診断されてしまった経験があります。

まったく動けなくなってしまっては取り戻すのにかなりの時間がかかりますから、何度も言いますが「動けるうちに動く」に尽きますね。

退職理由が精神的に限界となる人の特徴3つ

そもそも退職理由が精神的に限界となりやすい人にも特徴があります。僕が考える特徴3つは下記のとおりです。

  1. 溜め込んで相談できない人
  2. 周りの目を気にしすぎな人
  3. 合わない仕事を続けている人

①溜め込んで相談できない人

すぐに溜め込みがちで、困ったときに誰にも相談できないタイプの人は、すぐに追い詰められてしまい精神的に限界となりやすいでしょう。

頼ればいいのに甘えることができず、自分の力でなんとかしようとして余計に失敗してしまうといった場合が多いからです。

細かいことから大きなことまで何でも溜め込んでいくので、あっという間にキャパオーバー状態。

すぐには難しいかもしれませんが、なんでも自分で解決しようとせずにまずは相談するクセをつけていきましょ。

②周りの目を気にしすぎな人

周りの目を気にしすぎて自分の思った通りに行動できない人は、精神的に限界を迎えやすいです。

職場にいてもどこか居心地の悪さを感じてしまい、好きな仕事でもない限り心が疲れていく一方だからですね。人間関係が悪ければなおさら。

管理人の僕はまさにこの性格で、プラスしてクソ上司にあたってしまい無事に終了しました。

自分のこととはいえ性格を変えるのは1日2日でできるものではないので、環境を変えてしまうのが1番かなと思います。

③合わない仕事を続けている人

やりたくもない仕事、いわゆるあなたの性格に合わない仕事だったり、嫌いな業種についていたりすると精神的な限界も早いでしょう。

「そんな仕事辞めて自分の好きな仕事に就けばいいじゃん!」と言われればそれまでですが、記事を読んでいる人の多くは生活のため、家族のために働いていて簡単には動けないものですね。

次がまた同じだったらどうしようといった不安を抱えている場合も。

とはいえ悩んでいても現状維持なだけ、行動しなければなにも変わりませんよ。

精神的に限界なら実際どうする?シーン別に紹介

それでは精神的に限界を迎えてしまったときに実際どうすればいいのか?置かれている状況によって行動も変わってきますので、それぞれシーン別に対処法を3つお伝えしていきます。

まずは下記のとおりです。

  1. 会社と関係性ができている場合
  2. 退職を伝える上司が原因の場合
  3. そもそも会社に行きたくない場合

①会社と関係性ができている場合

精神的に限界がきているとはいっても良い会社の場合なら、休職を提案してくれたり、あなたの仕事量を減らしたりする提案をしてくれる場合があります。

このように会社との信頼関係ができている場合なら、あなたのことを思って提案してくれているわけですから、まずは甘んじてみても良いでしょう。

最終的に辞めるかどうかの判断はその後でも遅くはありません。

なかには会社に残してくれたのにそこから辞めるのはしんどいと思う人もいますよね?実際に経験したことのある管理人から言うと、まさにその通りです。

とはいえ精神的に限界のときには冷静ではない場合も多いので、少し落ち着かせる時間という意味では効果的ですよ。

②退職を伝える上司が原因の場合

こんな状況ではありませんか?

精神的に限界となっている原因が会社の上司のパワハラ。もう限界だ!と思って退職の意思を伝えようと思ったが、そもそも伝えなけらばならない相手がその上司、、、

こういったケース、管理人も体験しましたがめちゃくちゃしんどいです。

あなたにだけは言いたくない、むしろ一言も話をしたくないなんて状態ですよね。

退職を伝えることをただの業務だと割り切って、退職理由も正直に「精神的に限界」とは伝えず、あくまで「一身上の都合」と伝えること。次が決まっていて意思が固いことを言える。

上記のような行動ができる可能性が少しでも残っているのであれば、まずは勇気を振り絞っていってみましょう。別に失敗しても死ぬわけではありませんから。

どう考えても無理ならば「退職のプロ」に任せるのが1番安心して辞められる方法ですよ。くわしい方法は、次のケースも同じなのでまとめています。

③そもそも会社に行きたくない場合

すでに精神的なしんどさが限界突破していて、会社に行きたくないまでいっている人の選択肢は「退職代行サービス一択」です。

今がまさに動きたくても動けなくなってしまう状況の一歩手前だからですね。会社をバックレるなんてこともやりかねません、、、

管理人も会社をバックレかけた経験ありです。

どんなにしんどい状況でも、会社をバックレるのだけは辞めておきましょう。逃げだしたい気持ちが十分にわかりますが、超絶面倒くさいことが待ち受けています。

先ほどの上司の部分と同じですが、こんなときは「退職のプロ」に依頼をしてとっとと辞めてしまうのが1番ですよ。

退職代行サービスは簡単に言えば、あなたに代わって退職の意思を会社に伝えてくれる神サービス。労働組合や弁護士が運営している業者を選べば、退職条件の交渉も可能になります。

有給消化とうまく絡めていけば明日から行かないを実現してくれますよ。

当サイトで最もおすすめの労働組合が運営する「退職代行SARABA」に依頼をすれば、安心して辞められますよ。

管理人の僕もSARABAで辞めました!

当サイト1番のおすすめは
『 退職代行SARABA 』
  • 安心の労働組合運営
  • 返信の早さに定評あり
  • LINEのみで辞められます
安心です!

内容は充実しているのに25,000円という業界でも最安値に近い金額で運営しています。ぶっちゃけ使わない手はないんですよね。

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

精神的に限界で退職したら色々と解決した【体験談】

ここで体験談を。管理人が精神的に限界で退職したときに感じたことをまとめました。

  1. もっと早く動けばよかった
  2. 退職代行が意外と安心できた
  3. 転職先を決めておくとよかった

①もっと早く動けばよかった

精神的に限界ならば、深いことは考えずに早く動いて環境を変えれば良かったかなと思います。理由としては、我慢をしてみても結局辞めることにななってしまったからです。

本当に今の職場に残っても問題ないかすぐに考えて、まったくもって残るメリットが考えられないようだったら、秒で環境を変える動きをするべきですよ。

ぶっちゃけ若ければ若い方が、転職には有利であることを身をもって実感しました。

②退職代行が意外と安心できた

退職代行がおすすめですと言われても本当のところはどうなの?と不安に思う人も多いかもしれません。

実際に僕もそうでした。

たしかに退職代行業者を適当に選んでしまって、思い描いていた条件で辞められなかったり、辞められなかったりしてお金をムダにしたケースは存在します。

管理人の場合、SARABAを選んでみて辞めたら思いのほか安心できました。

まず深夜2時にLINEで問い合わせをしたのに、3分ほどで返信が返ってきたこと。そのままLINEのみのやりとりで辞めれてしまったことですね。

なんとなく使う前はどんなものかもわからないので、つい躊躇してしまいがちですが、今考えればソッコーで使えばよかったと感じています。

お金がかかる部分はデメリットですが、精神的に限界な辛さから開放されるならば安いものですよ。

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

③転職先を決めておくとよかった

より精神的な安定を求めるのならば、辞める前に転職先を決めておくとより良いですね。

限界だと勢いで辞めたとしても、現実に襲い掛かってくるのは生活のことや次の仕事のこと。できるならば在籍中に次の仕事を決めておけば、安心感はハンパでないですよ。

管理人は次の仕事を全く決めずに無計画で辞めた経験がありますが、何よりも不安すぎてヤバかったですね。

実際に転職に成功している人は「転職エージェント」へ最低でも3社以上登録しています。管理人も鵜呑みにして登録してみましたが、色々と内容が違ったり、担当者も色が合ったりであながち間違いではないですね。

僕が転職するときに、実際に使った3つをお伝えしておきますのでぜひ参考に。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda

退職理由が精神的に限界ならば少し冷静になって将来を考えよう

ここまで退職理由が精神的に限界な場合の今すぐ辞めるべき理由から、実際の3つの対処法についてお伝えしてきました。

精神的に限界な状態ならば、無理をする必要は1ミリもありませんし、退職理由がどうこういっている時間はムダでしかありません。

取り返しのつかない状態になってしまう前に、とにかく環境を変えてしまうのが一番ですよ。

今日というあなたにとって1番若い日を大切に行動しましょ。今回は以上です。

当サイト1番のおすすめは
『 退職代行SARABA 』
  • 安心の労働組合運営
  • 返信の早さに定評あり
  • LINEのみで辞められます

内容は充実しているのに25,000円という業界でも最安値に近い金額で運営しています。ぶっちゃけ使わない手はないんですよね。

安心です!

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる