新卒で退職が言いづらいのは当然!それでも辞めるための3つの方法

新卒で退職が言いづらいのは当然!それでも辞めるための3つの方法
  • 新卒で入社したばかりで辞めづらい
  • 仕事が合わなくて辛いと思っている
  • 問題なく辞めれる方法が知りたい

新卒で入社したばかりの会社で辞めたいと思ってはいても、退職が言いづらくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

その気持ちすごくわかります。辞めづらいのは当然です。

新卒ならば退職したことも転職したことも、アルバイトでしかないでしょうから、なにをどうしていいかわからないといったことも考えられますね。

とはいえ、本当に合わなかったり、辛くて体調に影響が出てきたりではそのまま我慢して残っていても良いことは一つもありませんから、悩んでいるぐらいなら一刻も早く辞めてしまうのがベストです。

この記事ではそんな新卒で仕事に悩んでいるあなたへ、新卒時に3か月で退職した経験のある管理人の体験談をもとに、問題なく辞めるための3つの方法をお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

目次

新卒で退職が言いづらいのは誰だって同じ

新卒で退職が言いづらいのは決してあなたに限ったことではありません。

みんな同じです。

せっかく新卒で入社した会社を、なんのためらいもなく辞められるほどの強靭な精神力を持っている人なんて稀ですよ、稀。

おもに退職が言いづらい理由としては、下記のとおりですね。

  1. まだ入社したばかりだから
  2. 新卒ブランドがなくなるから
  3. 転職も退職もしたことがないから

もう少しくわしくお伝えします。

まだ入社したばかりだから

新卒で入社したばかりだと、退職を言いづらいと感じてしまいます。わりと勝手な想像を自分で膨らませてしまうからですね。

たとえば、期間が短いから逃げたと思われたくないとか、入社して3年は働くのが普通だとか考えて、結局行動できないまま時間だけが過ぎてしまう人が多いです。

少し考えてみてください。

あなたがどう思われようが辞めてしまえば関係ないですから、今後の人生で関わるかもわからない人の評価なんて考えてもムダですよ。

新卒ブランドがなくなるから

新卒で入社した会社も辞めてしまえば、当然ですが次はもう新卒ではなくなります。そう思うと転職してよい条件の会社に入れないのでは?と考えて、行動できないまま終了です。

もちろん、働いている期間が短いのは転職先へはマイナスの評価でしかないです。

どの会社だって長く勤めてもらいたいですからね。

1か月で辞める人よりは、何年と同じ職場で長く働いている人を採用したいのは当然のことです。

とはいえ、我慢を続けて後々後悔するぐらいなら、第二新卒枠も活用できるうちにはやいことやりたい仕事へ移ってしまいましょう。

転職も退職もしたことがないから

新卒ですから、当然これまでに転職したこともないでしょうし、退職したこともないでしょう。当たり前ですね。

人は経験のないことをするときにはとてつもない不安を感じてしまいますので、ぶっちゃけどうしていいのかわからずに時間だけが過ぎているなんてことも。

勝手がわからないと、動きが鈍くなるのは当然です。

とはいえ、そのまま残っていても自分のためにならないと感じていたり、体や心が壊れてしまったりといった状態ならば、不安とか言ってる場合ではないですよね。

最近では転職先をサポートしてくれる「転職エージェント」や、辞めるに特化した「退職代行」も進化してサービスが向上していますから相談してみるのもありですよ。

新卒で退職が言いづらいときの対処法3つ

  1. 強い意志を持って臨む
  2. 準備をしっかりとする
  3. 退職代行を使って辞める

では実際に新卒で退職が言いづらいときにはどうすればいいのか。管理人も使用した方法をもとに、上記の3つをお伝えしていきます。

大前提として、どのパターンでも今の会社に残ったときのデメリットは考えておきましょ。

強い意志を持って臨む

どんなに言いづらいと思っても退職を伝えるのは一瞬。あっという間に終わります。

そうだとしても色々な想像をしてしまうから、とても不安になりますし、何か言われるのではないかと考えて動けなくなってしまうんです。

ここで重要なのは、辞めると決めたら強い意志を持って臨むこと。

退職を伝えたときの上司のパターンなんて「あっけなく認めてくれる」か「引き止めをしてくるか」の2択でしかありませんから。

認めてくれたら全然OKなので、大変なのは引き止めてくるパターンです。

  • 他の会社に行っても通用しない
  • 労働条件を良くするから残ってくれ
  • 新卒だからもう少し頑張ってみないか

すんなりと辞められると簡単に思わない方が楽ですね。

このように上司のタイプによっては、色々な方法で退職を引き止めてきます。ですから、なにを言われても動じない固い意志をもって退職に臨めば大丈夫ですよ。

準備をしっかりとする

なにごとも準備が大事ですね。もちろん退職に関しても同じです。

  • 退職理由はどうするか
  • 退職日はいつにするか
  • 引き継ぎはどうするか

おもにこのあたりをどうするかを考えておくべきですね。特に退職理由は引き止められるかどうかを左右するぐらい重要なのでしっかりと考えておくのがベストです。

条件が変われば今の会社に残ってもいいと匂わせるようなことは絶対にやめておきましょ。

たとえば、辞めたいと思っていますなどのはっきりしない言い方や、今の仕事が合わないなどの理由では引き止められて「はい終了」となります。

上司は部署変更を提案してきたり、隙があれば突っ込んできますから。

具体的に次の職場が決まっていて、今の会社には1ミリも未練がないですといった理由であれば、引き止めようにも引き止めにくくなりますよ。

退職代行を使って辞める

新卒で退職が言いづらいとき、本当に困ったら退職代行に依頼をしましょ。色々なイメージはありますが、確実かつ好条件で辞めるにはもってこいのサービスです。

もちろん、タダではありませんからお金がかかるのは「デメリットです。

しかし、退職も言いづらいなと思っている人が、仮に勇気を振り絞って言えたとしても、有給などをうまく消化できなかったり、引き継ぎをしながら結局引き延ばされてしまったりする可能性も。

退職代行の選び方を間違えなければ、有給をうまく消化してもらって明日から会社に行かずに辞められますし、ある程度の引き継ぎはしなくても済むかもしれません。

何よりも言いづらいことを代わりに云ってくれることで、あなたの人生でムダとなりそうな辞めたいけど辞められないといった時間をなくせますよ。

退職代行ってどれを選んでいいかわからない。

退職代行をこれまでにたくさん使ったことがある人なんていないでしょうから、どこを選んでいいかわからないのが当たり前です。

そんな人でも安心して辞められるのが「退職代行SARABA」です。

退職代行SARABAをおすすめするポイント

  • 労働組合で会社へ交渉可能
  • 返信が早いので安心できる
  • コストも安く、総合的に◎

どこに依頼していいか迷ったら、とりあえずSARABAに任せておけば安心できますよ。

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
当サイトで1番おすすめ!

転職先で同じ思いをしないためには

新しい会社に転職できたのはいいけれど、同じような思いをして辞めたくなって失敗を繰り返してしまったなんてことにならないように、まずは自分の「転職市場価値」を診断してみませんか?

自分のことをもっともっと知れば、おのずと進むべき道が見えてくるからですね。

おすすめは「ミイダス」です。

管理人も実際に診断してみました。

転職市場価値がわかる他にも下記のようなあなたの生まれ持った個性や、どんな仕事が適しているのかを診断してくれますので、一度やってみる価値は大ありですよ。

  • ミイダスパーソナリティ診断
  • ミイダスコンピテンシー診断

すべて無料で診断できますので、ぜひやってみてください。

新卒で退職を言いづらいのなら残るデメリットを考えて

これまで新卒で退職が言いづらいあなたに向けて、管理人の経験談をもとにお伝えしてきました。

やはり一番は自分が辞めたいと思っている会社に残るデメリットを考えるべきです。無理に我慢をして残る時間ほど人生でムダな時間はありませんよね。

今いる会社の将来に少しでも希望が見えるのであれば残って頑張るべきですが、全く見えないのであれば退職代行を使ってでも辞めるべきだと思います。

今日があなたにとって1番若い日です。会社に縛られるのはもったいなさすぎですよ。今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる