辞められない体験談

退職代行で辞めることを「申し訳ない」と思わなくていい理由

退職代行が申し訳ないと思わなくていい理由

退職代行サービスを使うことを「申し訳ない」と思う人がいるかもしれません。

この記事の結論を言ってしまうと、退職代行サービスで辞めることを申し訳ないと思う必要は全くないということです。

そう考える理由について、自力退職で2年半勤めた会社を辞めた僕のエピソードと共に、紹介していきます。

自力で退職した僕の末路が気になる方は、ぜひ続きをどうぞ!

退職代行を「申し訳ない」と考える理由とは?

日本人は礼儀正しく真面目な人が多いため、自分で退職を言い出せない状況でも、

退職代行サービスを使うことは「申し訳ない」と感じる気持ちは良く分かります。

苦しい状況のまま、時間だけがズルズル過ぎていって、精神的に追い詰められている人もいるかもしれません。

申し訳ないと感じる具体的な理由は、次のようなことだと思います。

急に辞めたら周りに迷惑がかかるから申し訳ない

職場の人のことを考えると、退職代行で急に会社を辞めることで、シフトや予定の変更などが発生するでしょう。

そのことが申し訳なくて、一歩が踏み出せず、ズルズル働いているというのは良くあるパターンです。

どの職場も人手はギリギリでやりくりしているはずなので、自分が抜けることへの罪悪感を感じてしまう人もいるでしょう。

お世話になった上司や同僚を驚かせてしまう

お世話になった上司、良くしてくれた同僚に、きちんと挨拶できずに退職することは、心苦しいと感じるかもしれません。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉もあるので、自分の辞め方で、上司や同僚にどう思われるだろうか、

と想像して、不安になってしまう気持ちも良く分かります。

非常識・無責任と思われるかもしれない

退職代行自体が新しいサービスなので、退職代行の存在を知らない人もまだまだ大勢います。

退職代行を知って、アレルギー的に「非常識」「無責任」と反応する人も中にはいるでしょう。

体育会系の職場だったら「ありえない、おかしい」と思われるのは、避けられないかもしれません。

自力退職した僕の末路

僕が最後に勤めた会社は、2年半働いた文化施設の事務職でした。

引きこもりのブランクや短期離職をしている僕を採用してくれたこと、一緒に働いていた上司が最初の頃は良くしてくれたこと、

仕事を任せてもらえて、自分に自信がついたことなど、会社に対する感謝の気持ちがありました。

2年半というのは、僕にとっては最長記録だったので、お世話になったという想いが強くて、なかなか退職したいと言い出せませんでした。

半年間、ズルズル働き続けてしまった僕

「あと半年は続けよう」

「3年勤めないと次の転職は厳しい」

「せめてあの大きな仕事をやり終えてから辞めよう」

とズルズル半年が経った頃、心身共に異変が出始めました。

夜に嫌なことを思い出して寝付くことができなくなり、常に睡眠不足の状態でした。

会社にいるだけで涙がでそうになり、同僚と顔を合わせるのが本当に辛くて、職場にいること自体が辛くなっていました。

急に声がかすれてしまったり、咳が止まらない発作が起きたり、瞼がピクピクと痙攣し続けたりしました。

限界を感じて上司に「退職」を申し出たけど…

心身共に限界を感じて、半年以上抱えていた「辞めたい」という気持ちを、やっとの思いで上司に伝えました。

その上司は了解してくれたのですが、数日後に「社長が君と話したがっている」と言われ、面談することになりました。

どういう訳か、そのタイミングでちょうど僕自身も会社に対する愛着と、次の進路が決まっていない不安感が押し寄せていました。

社長に説得された時に、部署を移動したいとお願いして、場所を変えてじっくり回復していこうとしました。

異動先でさらに苦しい状況に

しかし、既に心身共に限界だった僕は、次の部署でまともに働くことができず、人と会話することすら苦痛を感じていました。

そんな状態の僕に対して、周りからは「やる気がない・怠けている・使えない」と思われてしまい、後輩からも見下され始めました。

部署を異動して1カ月もたたないうちに、やはり限界だと感じて、上司に再び退職を申し出ました。

「じゃあ明日づけで退職するか」

と言われて、僕はその日のうちに引継ぎ書類をA4用紙にまとめて、退職しました。

申し訳なくて退職代行を使わなかった僕の末路

その後、まず不眠症の回復に1カ月、瞼や腕の痙攣は半年ほど続きました。

たぶん病院に行けば「鬱状態」という診断を受けていたと思いますが、そういうことからも目を背けたい気持ちになっていました。

一番きつかったのは精神面です。

退職してからすぐは「転職活動を始めよう」という気持ちもあったのですが、

いざ活動しようとすると、気持ちが全くついてきませんでした。

職場で心身の不調が出始めた頃、仕事でミスをしがちになり、コミュニケーションを取ることも辛くて、周りから少しずつ孤立しました。

信用されていた上司や同僚、後輩から見放されていく感覚は、小学校の時の仲間外れがフラッシュバックして、すごく辛かったです。

結局、仕事を辞めてから1年間引きこもりのような状態になって、苦しい時間を過ごしました。

現在はフリーランスに

今はフリーランスでブログを運営していますが、ブログがなければ、僕は一体どうやって生きていったんだろう、と怖くなります。

正確には組織で働くことにトラウマ的なものを持ってしまったので、フリーランスしか道が無かったという感じです。

会社で働くという選択ができないのは、人生で大きなハンデになりますし、不安もたくさんあります。

だから、これが良かったのか、僕にはまだ分かりませんが、とりあえず今は元気に生きています。

このような経験を振り返ってみて、僕は「会社に申し訳ない」という気持ちに対して、思うことがあります。

本当に申し訳ないのは誰?

僕は会社への申し訳ない気持ち、感謝の気持ちに答えたくて、意地でも自分で退職しようと思っていました。

その結果、自分自身の心と身体を傷つけて、さらに上司や同僚、後輩からもダメージを受け続けていました。

それでも、会社に申し訳ない、感謝している、という気持ちがあって、限界の限界まで我慢して勤め続けました。

今振り返って、会社や上司、同僚や後輩に申し訳ないという気持ちはほとんどありません。気まずさは感じますが、申し訳ない気持ちは一切ありません。

自分の心と身体を守れなかったこと、その後に長く苦しむ結果になってしまったことを後悔しています。

最後の最後に、上司に退職を申し出た時「明日づけで退職するか?」と言われました。

安心した一方で、「そんなに簡単に退職できるのか」と思いました。

半年以上辞めるかどうか自問自答を続けてきて、周りに迷惑をかけたくない、会社に申し訳ない、と苦しみ続けてきたのに

「明日退職できる」

という事実がバカバカしく思えました。

僕は辞めた後に、前職の人と良い関係でいた方が良い、次のビジネスに繋がるかしれない、という幻想を抱いていましたが全くの無駄でした。

最後のやり取りはトラウマになっているし、退職でこんなに苦しんでも、会社は何も責任を取ってくれません。

僕が一番申し訳ないと思うのは「自分自身」です。

まとめ:退職代行を「申し分けない」と思わなくていい

会社というのは、皆さんが思っている以上に、すぐに辞められます。

むしろ、すぐに辞められないと思いこんでいるだけなのかもしれません。

僕自身の体験からも、明日づけで辞められるように、退職代行を使えば、きっとすぐに会社は辞められます。

そうと分かっていても、ズルズル我慢してしまうのが人間です。その気持ちは痛いほど分かります。

そこから逃れられないような、漠然とした不安もありました。

それでも、

「申し訳ない」という気持ちを抱え続けて、苦しみ抜いて退職した僕が言いたいのは

自分の心や身体を犠牲にしてまで、誰かに申し訳ないと思わなくて良いということです。

自分で退職できるなら、それがベストです。

しかし、自分が壊れるまで追い詰められていて、それでも辞められないなら

退職代行を使うことが、ベターな選択と言えるかもしれません。

自分を犠牲にしてまで

「退職代行を使うのが申し訳ない」

 と思わなくて良い、と過去の体験から、僕は考えています。

それでは、この記事が皆さんにとって、

新しい一歩を踏み出すきっかけや、苦しみから抜け出す何かしらのヒントになれば嬉しいです。

以上です。

もし、おすすめの退職代行業者を1つ知りたいという人には「辞めるんです」を推薦します。

信頼・実績・コスパのバランスが良くて人気のサービスなので、興味があれば参考までに。

▼「辞めるんです」公式サイトはコチラから

【公式】退職代行辞めるんです

 

退職代行サービスは人の命を救う!

退職代行は、現代の日本社会に必要とされているサービスです。

自力で会社を辞められずに、一人で悩んでいる人は、退職代行サービスの仕組みを知っておくだけでも、気持ちがずっと楽になります。

最後に自分を救えるの、自分だけです。

▼退職代行の仕組み完全解説!

退職代行サービスのすべて
退職代行サービスとは?違法ではない仕組みから料金相場まで徹底解説退職代行サービスとは、会社を辞めらずに苦しむ人の代わりに、退職の意志を伝えてくれるサービスです。 退職代行の利用者は年々増...

▼退職代行業者のおすすめランキングが気になる方はコチラへ

徹底比較-退職代行サービス人気おすすめ10選まとめ
【2019年版】退職代行サービスおすすめランキングベスト10!この記事では、30社以上の退職代行サービス業者を徹底比較して選んだ、 2019年最新の人気のおすすめ優良業者を10社を厳選してまと...