退職代行サービスの会社

弁護士の退職代行「汐留パートナーズ」ってどうなの?メリット・デメリット、徹底調査

弁護士による退職代行サービス「汐留パートナーズ法律事務所」について、運営会社、特徴、料金、メリット・デメリットを徹底的に調査しました。

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

退職代行サービスとは、様々な理由で自力で仕事を辞められない人から依頼を受け、本人に代わって会社へ退職に必要な一切の連絡を行うというもの。

今回は、弁護士が行う退職代行サービス「汐留パートナーズ」について、

  • 汐留パートナーズはどんな会社なのか
  • 汐留パートナーズの特徴や使うメリット
  • 汐留パートナーズを使った際のデメリットやリスク
  • 代行料金と相場との比較
  • よくある質問と回答
  • こんな人に汐留パートナーズがおすすめかも

という内容について、できるだけ詳しく、分かりやすく紹介していきます。

それでは、早速どうぞ。

退職代行 汐留パートナーズ ってどんな会社?

退職代行 汐留パートナーズ法律事務所とは、従業員数150名の汐留パートナーズグループの会社の一つです。

グループの主な事業内容は、ビジネスコンサルティング業で、グループ各社に様々な分野のプロフェッショナルが在籍しています。

公認会計士、弁護士、税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などなど、幅広い分野でコンサルティング業務を展開しています。

汐留パートナーズ法律事務所は、企業法務・訴訟・紛争対応を担当しており、その事業の一つとして「退職代行サービス」を行っています。

弁護士法人汐留パートナーズ法律事務所の基本情報

汐留パートナーズ法律事務所外観
会社名 弁護士法人汐留パートナーズ法律事務所
所在地 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階
所長 佐藤 秀樹(弁護士)
従業員数 7名(弁護士3名)
設立 2009年設立

>>退職代行 汐留パートナーズはコチラ

汐留パートナーズ法律事務所は7名で構成

汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所は7名前後の少数で運営されている事業所で、

公式サイトによると所属弁護士は3名、所長を佐藤 秀樹弁護士が務められています。

所長の挨拶も公開されているので、きちんとした組織だと分かります。

所長のご挨拶

私ども「汐留パートナーズ法律事務所」は、企業法務から個人事件まで、豊富な経験と法律知識を駆使して、法律に関するあらゆるサポートをしております。

当事務所は、法人のお客様、個人のお客様を問わず、すべてのお客様と共に悩み、プロフェッショナルとしての解決策を『早く』『的確』に打ち出してまいります。

私どもは、弁護士業界特有の『固い』『重い』というイメージを払拭したいと考え、サービス業を手本にしたスタンスや行動を心がけております。ぜひお気軽にご相談下さい。

引用:退職代行 汐留パートナーズ(一部省略)

退職代行 汐留パートナーズの料金と他社比較

相談料 無料
着手金 ¥54,000(税込)
オプション費 「未払給料」「残業代」「退職金」「有給取得」 等の請求に関して着手金無料
成功報酬 経済的利益の20%
その他負担金 郵送料など

着手金とは、結果の成功不成功に関係なく、その案件を依頼する際に支払う費用のことです。

成功報酬 経済的利益の20%とは、例えば「退職金」の請求を依頼して、退職金100万円を得た場合、

その20%の20万円を成功報酬として弁護士さんに支払うことになります。

ミケ男
ミケ男
着手金の部分で、「不成功」することがあるのか心配になると思いますが、民法上、正社員は申入れの2週間後に退職できるとされており、ほぼ失敗すること自体がありえない、というのが実際のところです。

料金

退職代行 汐留パートナーズの料金は¥54,000(税込)です。

退職代行 着手金…¥54,000(税込)

支払い方法は、銀行振込のみとなっています。

他社との料金比較

弁護士が行う退職代行サービスは、当然一般の退職代行サービスより費用は上がります。

しかし、業界で知名度ナンバーワンの一般退職代行サービスEXIT(イグジット)の正社員退職料金は「¥50,000」となっています。

この価格が高いのか、安いのかを判断するために、汐留パートナーズの特徴、メリット・デメリットを一緒に見ていきましょう。

退職代行 汐留パートナーズの特徴とメリット

汐留パートナーズの特徴やメリットを見ていきましょう。

弁護士の退職代行「汐留パートナーズ」のメリット①会社と交渉ができる

弁護士が行う退職代行サービスでは、会社と交渉することが可能です。

弁護士を通して「退職金」「未払い残業代」「未払い給料」を会社に申請し、不服であれば交渉することもできます。

一般退職代行サービスは、あくまでも「本人の意志を会社に伝える連絡係・窓口」であり、会社の対応が不服だった場合の交渉はできません。

上記のような交渉をすれば「非弁行為(ひべんこうい)」という違法行為となるため、そういった際に交渉できないリスクを回避できるメリットがあります。

退職代行 汐留パートナーズのメリット②万が一の際のリスクヘッジができる

退職代行サービスを利用して、万が一会社から訴えられたり、懲戒解雇を断行された時、一般の退職代行サービスでは対応することができません。

実際に会社から訴えられるケースはほとんどありませんが、万が一何かあった時に、新たに数万円~数十万円で弁護士に依頼することを考えると、最初から弁護士にお願いしておくメリットはあると言えます。

勤めている会社に顧問弁護士がいる場合や、上司が法律に明るい場合も、最初から弁護士にお願いする方が安心かもしれません。

汐留パートナーズのメリット③ラインで無料相談できる

汐留パートナーズでは、LINEやメールから無料で分からないことを質問したり、相談したりできるのも魅力です。

汐留パートナーズ法律事務所連絡方法

相談はすべて無料です。疑問に思うことや退職代行に関わる法律上の不安点があれば、しっかり確認するようにしましょう。

法律の専門家にしか分からないこともあると思うので、無料相談ができるプロに聞いてみるのが最も安心・安全だと思います。

退職代行 汐留パートナーズのメリット③万全のサポート体制

汐留パートナーズ法律事務所は、退職代行以外の法律業務も幅広い知識を持っています。

同じ汐留パートナーズグループ会社内にも、ビジネスの様々な分野のプロフェッショナルが多数在籍しているため、退職以外の問題が発生した時にも、柔軟に対応することができます。

一般的に弁護士が苦手としている税務・労務につきましても、当事務所に併設している「汐留パートナーズ税理士法人」「汐留社会保険労務士事務所」「汐留行政書士事務所」との提携により、万全のサポート体制を整えております。

引用:退職代行 汐留パートナーズ

退職代行 汐留パートナーズのメリット⑤弁護士の退職代行ではリーズナブルな料金

一般の退職代行サービスの相場は、正社員で3万円~5万円といったところです。

汐留パートナーズの費用は、着手金¥54,000(税込)で、一般の代行業者では交渉できない「退職金」「未払い残業代」「未払い給料」「有給消化」なども着手金無料で依頼できます。

料金の比較対象として、知名度ナンバーワンの一般退職代行サービスEXIT(イグジット)は、正社員退職で5万円。

+4000円で、弁護士に依頼できるなら、リーズナブルでコストパフォーマンスが高いと思います。

>>退職代行 汐留パートナーズはコチラ

退職代行 汐留パートナーズのデメリットは?知っておきたい注意点とリスク

汐留パートナーズ法律事務所を利用する前に知るべき、デメリットや注意点、リスクを考察していきます。

汐留パートナーズのデメリット①弁護士に依頼するまでもないケースも多いかも

汐留パートナーズは弁護士による退職代行サービスですが、そもそも弁護士に依頼するまでも無い人が多いのも事実です。

退職金や未払い給料・残業代などの交渉が発生しない普通の退職であれば、一般の退職代行サービスでも十分対応できるケースがあります。

その一方で、会社の経営に直結するような責任ある立場にある人、大手企業でそれなりの役職がある人、退職金や残業、未払い給料などで交渉の可能性がある人は、

弁護士に依頼しないと危険なケースもあるので、ご自身の状況に応じて選びましょう。

また、どこを選ぶか判断できない人のために無料相談があるので、納得するまでとことん質問してみてください。

>>退職代行 汐留パートナーズの相談窓口はこちら

汐留パートナーズのデメリット②24時間営業ではない

退職代行 汐留パートナーズの営業時間は、10時~21時となっています。土日対応もあるそうですが、限られた人数で構成されているため、要相談と言ったところです。

例えば、明日から会社に行けない、深夜に対応してほしい、早朝に連絡してすぐに退職したい、という場合には対応が難しいこともあります。

汐留パートナーズのデメリット③支払い方法は「振り込み」のみ

汐留パートナーズの料金の支払い方法は、「現金振り込み」のみとなっています。

クレジットカード払いは対応していないので、ご注意ください。

また、弁護士に依頼する場合の費用は「着手金」と扱われるため、成功・不成功に関わらず支払うため、基本的に返金されないと思っておいて間違いないでしょう。

汐留パートナーズのデメリット④口コミや評判が少ない

汐留パートナーズは、退職代行業務について発信を始めたのは比較的最近ということで、利用者の口コミや評判が少ないのは事実です。

不安な人は、いきなりお金を払って依頼せず、まずは相談してみて対応を確かめると安心だと思います。

汐留パートナーズでよくある質問と回答

最後に、よくある質問と回答を「退職代行 汐留パートナーズ」より抜粋して紹介します。

本当に退職出来るの?会社から訴えられるか心配

脅し文句として、訴訟を伝えてくるケースも中にはあります。しかし裁判の費用面や、時間的コストを考えると会社側にもメリットがありません。

会社から連絡が来るか?

会社側への通達時に、ご本人には連絡しないようにお伝えしているのでほとんどの会社が、本人に連絡することはありません。

親にバレないように退職できる?

会社側への通達時に、ご本人への連絡と同様、ご両親には連絡しないようお伝えしています。 しかし、稀に会社からご本人の両親に連絡がいくケースがあります。

有給休暇は消化出来ますか?

労働者の権利です。消化可能です。

未払い残業代は貰えますか?

労働者の権利です。働いた分は請求可能です。

離職票などの書類は貰えますか?

離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類は、会社への通達時にご本人宛に郵送していただけるようお伝えしています。 後日郵送で送られてくることが多いです。

保険証、身分証明書などの会社への返却物はどうしたら良い?

ご本人から会社宛てに郵送していただきます。

社員寮に住んでいますが退職はできますか?

可能です。退去日について当社が確認してご連絡いたします。

では、以上を踏まえて、どんな人に汐留パートナーズがおすすめなのかをまとめましょう。

まとめ

退職代行 汐留パートナーズは、弁護士の退職代行を依頼する安心感と、リーズナブルな料金設定が特徴です。

また、グループ会社とのネットワークで、不測の事態に対応できる柔軟性も備えています。

下記のうち一つでも当てはまる人には、汐留パートナーズはおすすめです。

  • 大手企業勤務・重要な役職などで社会的責任が大きく、法的リスクがある人
  • 弁護士の退職代行の中では、リーズナブルでコスパの高いサービスを選びたい人
  • 「退職金」「未払い給料・残業代」「有給休暇」「慰謝料」について交渉する可能性がある人

汐留パートナーズは弁護士に依頼する安心感と、ラインやメールで相談できる敷居の低さが魅力のサービスと言えます。

自分の意志で納得した上で決断することが何より大切ですので、

あらゆる要素を比較検討した上で、とりあえず汐留パートナーズで相談してみるのか、他を当たってみるのか、慎重に判断してほしいと思います。

それでは、この記事が皆さんの人生で何かの良いきっかけになれば、嬉しいです。

 

>>退職代行 汐留パートナーズ相談ページはこちら

 

会社名 弁護士法人汐留パートナーズ法律事務所
所在地 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階
所長 佐藤 秀樹(弁護士)
従業員数 7名(弁護士3名)
設立 2009年設立
対応地域 全国対応
料金 着手金 ¥54,000 (税込み)  /「未払給料」「残業代」「退職金」等の請求に関して着手金無料 成功報酬は経済的利益の20%
営業時間 10時~21時
支払い方法 現金振り込みのみ

>>退職代行 汐留パートナーズはコチラ

 

退職代行サービスは人の命を救う!

退職代行は、現代の日本社会に必要とされているサービスです。

自力で会社を辞められずに、一人で悩んでいる人は、退職代行サービスの仕組みを知っておくだけでも、気持ちがずっと楽になります。

最後に自分を救えるの、自分だけです。

▼退職代行の仕組み完全解説!

退職代行サービスのすべて
退職代行サービスとは?違法ではない仕組みから料金相場まで徹底解説退職代行サービスとは、会社を辞めらずに苦しむ人の代わりに、退職の意志を伝えてくれるサービスです。 退職代行の利用者は年々増...

▼退職代行業者のおすすめランキングが気になる方はコチラへ

徹底比較-退職代行サービス人気おすすめ10選まとめ
【2019年版】退職代行サービスおすすめランキングベスト10!この記事では、30社以上の退職代行サービス業者を徹底比較して選んだ、 2019年最新の人気のおすすめ優良業者を10社を厳選してまと...